しじみに含まれるオルニチンの効果

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今や、「お酒が抜けない」といえば「オルニチン」といわれるほどに有名になった成分ですが、実は劇的な効果はないようです。ここではその理由について詳しく説明します。

オルニチンの効果

  • コルチゾールを減少させる(不快感の軽減)
  • 体内の有害なアンモニアを除去する
  • 成長ホルモンの分泌を促進する

上記のとおり、Lシステインやクルクミンやセサミンなど、二日酔いやお酒が抜けない時に有効といわれる代表的な成分にあるような、アルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素を増やすといった効果がありません。

筋肉を分解してしまうコルチゾール(ストレスや飲酒で増加する)を減少させ、成長ホルモンの分泌を促進するという働きから、ボディビルダーの方々に好まれてきた成分です。

広告



「翌朝スッキリ」といわれる理由

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

オルニチンといえば、よく

「翌朝スッキリ」

「爽快」

といったキャッチコピーで宣伝されていますよね。

これは、オルニチンの「有害なアンモニアを除去する」という効果ゆえです。

お酒を飲むと体内にアンモニアが増える

お酒を飲むと、代謝の過程で体内にアンモニアが増加します。

アンモニアは有害なため、肝臓の代謝経路(オルニチンサイクル)で尿素に合成されるのですが、お酒を飲んでいる時は肝臓はお酒の解毒に忙しくそこまで手が回りません。

体内にアンモニアが増えると、疲労感、倦怠感が出てぐったりします。

アンモニアが増えると力が出ない

みなさんは、中学か高校で習った「ATP(アデノシン三リン酸)」という物質を覚えていますか?生体の活動エネルギー源となる重要な物質ですね。

アンモニアは、このATPの生成を妨げてしまいます。つまり、疲労感、倦怠感を増やしながら活動エネルギー源を奪ってしまうという困った性質を持っているのです。

 

オルニチンを摂ると、この有害なアンモニアが減少し、無害な尿素が増えることが研究で明らかになっています。

まとめ

上記のとおり、オルニチンが二日酔いやお酒が抜けなくなってきた時に有効とされる根拠は、実に間接的なものです。もちろん、アンモニアが減少することは、お酒の代謝に専念したい肝臓をサポートすることになるので、あればあったほうがいいでしょう。爽快感によるプラシーボ効果もあると思います。

しかし、お酒が抜けなくなってきた方にとって特効薬ではありませんので、ご注意いただきたいと思います。

広告