肝臓を修復!アラニンの効果

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

主に肝臓の再生機能を高めることで、二日酔い予防や二日酔い対策の強力な味方になってくれる、アラニンの効果について説明します。

アラニンの効果

  • アルコールやアセトアルデヒドの分解に必要な補酵素を増やす
  • オルニチンを活性化する
  • アルコールの分解中でも肝臓を修復させる

アラニンはしじみに多く含まれる、二日酔い予防や二日酔い対策に効果的な成分です。

広告


アルコールやアセトアルデヒドの分解に必要な補酵素を増やす

アラニンは、アルコールやアセトアルデヒドの分解に必要なNAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という補酵素の量を増やします。

NAD+は、アルコールやアセトアルデヒドを分解する過程でNADHに変化しますが、アラニンはこれを元のNAD+に戻します。

オルニチンを活性化する

オルニチンは、二日酔いのだるさや不快感の元凶であるアンモニアを無毒な尿素にするはたらきがあります。

アラニンはこのオルニチンのはたらきを活性化する効果があります。

しじみに含まれるオルニチンの効果

今や、「お酒が抜けない」といえば「オルニチン」といわれるほどに有名になった成分ですが、実は劇的な効果はないようです。ここではその理由について詳しく説明します...

アルコールの分解中でも肝臓を修復させる

肝臓は高い再生能力を持っていますが、アルコールの分解中は当然その再生機能はお休みしています。※他の記事でもいっていますが、アルコールの分解とは肝機能総動員であたらなければいけない重労働なのです。

 

ところが、アラニンを摂るとアルコールの分解中でも肝細胞の再生が行われるということが研究で明らかになっています。

身近でアラニンを簡単に摂取できるアイテム

ノ・ミカタです。

以前はコンビニの栄養ドリンクコーナーでもよく見かけましたが、最近はあまり見なくなりました。(↑は顆粒タイプです)

ノ・ミカタは製品3g中にアラニン1.4gとグルタミン1.4gを含んでおり、肝臓の再生機能を活性化するのに非常に効果的です。※グルタミンにもアラニンと同じ、肝臓の再生機能の活性化作用があります。

 

ただし、非常に残念なことに、甘味料として微量のアスパルテームが含まれています。今後の改善が期待されるところです。

広告